節税とは

節税対策のポイントは、基礎知識や専門用語に慣れることが大切です

節税は知識をしっり持つ事が大切

節税の上手なやり方など本当にい有るのでしょうか?などの質問をよく聞くことが有りますがこれは、これは税金が高いと感じていることの表れでしょう。自分の収入と税金の負担の割合を知り、その割には、恩恵がないと感じるからではないかと思います。

だから、税金の負担を減らすことが出来れば、税金を沢山負担しているのに生活は少しも楽にならない、だからこそ節税ができるならやりたい、脱税は罪の意識があり、合法的な節税ならやりたい、気持ち的には脱税でも良いけどマスコミやご近所に知られたくないと思うので合法的な節税をしたいものです。

しかし、マスコミや世間が騒ぐほどの脱税は高額なものだけで、その多くは追加の税金を支払うのみであまり知られていないし、脱税と認定されると隠した財産で不足するほど支払うことが多いのでお勧めできないのです。節税と脱税は紙一重の事が多くありますがこれは何が違うのかは、その手続きとそのための準備の違いということができます。

脱税として認定されるのは、法律により裁判所の判決により決定されますが、法律は皆さんの生活の全てを文章で表現しているものではなく、一応の判断基準を定めているだけなのです。では、我々はどう節税を考えるのかと言えば、ます最初は税務署の担当者に合法と判断させることが大事なのです。

そのための手続きや準備をどうすれば認めざるを得ないかの方法や手段が節税対策と言うことになります。自分の周りの税金の何が、節税できる税金であるかを知ること、そためにどう判断するかの情報収集と準備をすることから始めましょう!汗水流して一生懸命に得た大切なお金だからこそ、払い過ぎなんてことはあってはならないのです。

節税の第一歩は難しそうに見えてしまい、読んで理解するのが嫌になる税法や専門用語に少しでも慣れる事です!大切なお金だからこそ少しでも知識を吸収してより良い人生を作りましょう。このサイトでは節税に関する基礎知識を知っていただき、その手法までをご紹介していますので、参考になれば幸いです!

節税対策の種類を知ろう

節税対策という言葉をきいて感じることは、税金は人により変わったりするのかと疑問になります。書店の棚には、節税対策何々だとかの出版物も多く見かけます。対策と言う言葉にこそ真理があると考えます。対策とは準備することです。税金計算を自分で計算して申告すのです。

個人の税金の所得税(サラリーマンは年末調整で)の確定申告、財産を譲り受ける贈与税・相続税、会社の税金の法人税、消費税(個人で商売をしている人を含む)など自分で計算する(申告納税方式)ので、節税対策(その為の準備)をすることで一般の人より税金を安くできる方法を節税対策と呼びます。

合法的な選択できる計算方法がいくつかある場合にどれを選択すると税金が安くなるかを考えて準備(対策)するのです。予め選択しておかないと利用できないものが多いから、後でやり直すことができないことがあるため節税対策は事前の準備が必要です。

その他に、固定資産税や不動産取得税などの地方税(賦課課税方式)はお役所が税金を決定する税金にも手続きしだいで税金が安くなる場合があります。節税対策は個々のケースで変わることがあるので自分に合った準備が必要です。税務署の相談室や税理士(公認会計士)などの専門家を利用しましょう。

節税と脱税の見分け方

節税と思っていても、見方を変えると脱税と扱われることがよくあるものです。しらずに行えば追徴されるだけですが、悪質とみなされると脱税として追及されてしまいます。

脱税行為は税金を違法に少なくしてその金額を隠すことで、犯罪行為として刑事罰の規定もあるが日本ではあまり罪の意識が少なく、ばれたら払えば済むことのように受け止められていることが多く運が悪かったのでと思う経営者も少なくないのが実情のようです。

歴史的は背景としては租庸調の時代から時の限られた権力者に一方的に課されたもので、弱者である農民から取り上げるものが税金だというもので重税に苦しむ農民一揆は正当な権利主張だという風潮があるように感じます。現在では、税は国家の運営資金を皆で公平に負担し社会生活に保障の恩恵を受けるためそのために税を負担すると考えられているのです。

しかし、国民の多くは、自分の収入の中での税金の負担に対する社会保障の恩恵が少ないと感じているので、脱税でもできればしたいものだと思うので、脱制を他の犯罪、詐欺や窃盗などとは違い他人に迷惑をかけているわけではないとして、悪だと決めつけることが少ないように思います。ただし、このような個人の思いとは違い、脱税と認定されると、本来の税金のほかに重加算税や延滞税という追徴税が課税されています。

さらに高額なものや悪質とされるものには刑事罰や罰金などが科される場合もあり、ばれ元などでは済まないこともあります。毎年確定申告の時期には、脱税の報道がありますが税金に関心が集まる時期にマスコミを利用し納税の徴収の公平性をアピールするために、国が広告宣伝をしています。

一年中脱税の調査はしているのにです。国が考えていることと我々が思うことに開きがあることは、当然ですから、脱税する方はそれなりの覚悟が必要です、覚悟のない我々は、合法的な節税で自己の生活を守っていきましょう。

ふるさと納税を活用しよう

皆さんはふるさと納税をご存じですか?全国の各市町村に対し、自分で納付先を選んで納税できる仕組みで、色々な品物がもらえたりサービスが受けられて、結果的に節税になるといったものです。これは国が地方活性のために行っている仕組みで、うまく活用すると非常にお得です。

参照:ふるさと納税についてのサイト