会社で出来る節税方法

少しでも税負担を軽くしたい会社での節税対策を説明します

年間計画で節税の方針を決めましょう

決算期になって慌てて節税をしても無理が出てしまい、修正せざる負えなくなることがよくあります。決算期だから、ではなく年間計画で節税の方針を決めておきましょう

決算について、税金計算は利益(儲け)に対して富の再配分などの理由で税金で公平に社会に還元することで、社会生活の保障を受ける権利を持つことなのです。

そこで、利益(儲け)を計算する方法として、決算という方法がとられる。ここで商品販売をかんがえてみると、仕入れた商品はお客さんに購入してもらい代金の現金を受け取ることで実現します。

仕入れた金額に利益をたして売値の金額を受け取り利益が実現するのです。仕入れた商品が計算期間中に全て売れてしまえば、手元の現金から仕入れた金額を差し引くと利益(儲け)は計算できます。

しかし、商売を継続していて在庫商品(まだ売れていない商品)の支払は売れた元値ではない、こうした調整が決算とゆう手続きです。確定しない時期に決算という手続きで利益を計算(損益法)するので、合法的と認められる計算方法がいくつかの選択が認められているので、どれを選択するかで利益の金額に差異が生じるのです。

利益が違えば、税金も違いますので節税という選択も生じます。決算において計算の手続きで税金も変わります。

役員報酬も節税の対象

役員報酬が節税とどうかかわるのか。税金の計算は利益(儲け)の内の一定額を支払うことです。利益(儲け)の計算はどうするのか、税金の計算期間中の収入から収入を得るために掛かった費用を差し引いた差額が利益(儲け)とされます。

節税の面で見ると、費用に認められるものが多い方が利益は少なくなり、税金は安くなるので、節税効果があると言えます。税金計算は、個人は所得税で計算され、会社組織の場合は、法人税で計算されます。そこで、役員報酬(給料のことです)は原則として、所得税では費用と認められません。

しかし、法人税では費用として認められる。これが役員報酬が節税対策になると言われる所以である。個人営業を会社組織へ変更すると(法人成り法人)役員報酬が費用になるので、その金額だけ利益が少なくなるので税金が安くなるのです。従って、日本では中小零細の企業の多くが個人から会社に変更したものが多いのです。

所得税は一定金額を超えると税金が高くなる超過累進課税で昔は最高税率が75%という時代もありました、これに対し法人税は、利益の額に関係なく、一定の税率で課税(比例税率)されています。