節税のしすぎに注意

会社を残すためには税金を納める事も大切です

節税しすぎて税金を払わないほうが損をする

どんなに節税できてもきちんと税金は払いますし、税金をはらっていた方が良い事もたくさんあるのです。

節税と税金、本来持てる者と持たざる者で富の再配分や、個人ではできない社会全体の費用を税金を徴収しこのお金で国家の運営や社会保障を賄うことを目的としています。

だから公平に負担をする。社会の構造や仕組みが複雑になり、国税や地方税も多岐になり複雑化し、経済活動も世界規模で行われてきます。国家間の税金の租税条約の調整など難しくなるばかりです。自分たちの生活の周りを見ただけでも多くの税金が複雑に溢れています。

いまや、税金は持てる者と持たざる者のことではなく、知る者と知らざる者の世界に変わり知らない者が損をすることになるのです。税金に興味を持つことは現代社会では、自分の生活を守る武器になるものではないでしょうか。

例えば個人事業主であっても、法人のオーナーであっても。儲かっているときは良いのですが、経済情勢が変化し売り上げが低迷を始めると、自己資本は枯渇し最終的には金融機関から運転資金を調達したいと考えるはずです。

その時に真っ先に求められるのは、納税証明書なのです。未納の税金があれば論外ですが、何年にもわたって、微々たる税金しか納めていないと、利益が出にくい会社だと判定されてしまい。希望する資金が調達できないのです。

日本は世界的に見ても法人税等が高い国家だと、よく評論家が揶揄していますが、資金調達においては世界でも類を見ないほど金利が安いのです。その上、土地を担保にする制度がありますから長期でお金が借りられます。

このように全てが不利という訳ではないので、バランス感覚が大切だと言えるでしょう。それに税制や税法を知ることで節税はいくつも発見できますし、日本の税制では自分で手続きをしなければ税金を少なくする方法がないのです。

税金を安くする手続きはいつでもできるのではなく、消滅時効があり、請求権がなくなる場合もありますので注意が必要です。まずは、興味を持ち知ることから始めましょう。

最近主婦の副業としても話題のFXでも節税ができますよ。投資が初めての方でも基礎から学べる無料セミナーや、元為替ディーラーや仲介業者によるセミナーなど、FXセミナーに力を入れているカネツFX証券がおすすめです。