節税効果を出す方法

生命保険や寄付金控除で相続税対策をするポイントを説明します

節税感覚で生命保険加入

節税によく利用されている生命保険!税理士や保険の営業マンの上手なススメもあって簡単に加入してますけど?生命保険で節税効果がどれ位あるのか考えてみましょう。

生命保険はその名の通り、命に対する保険である。万が一にそなえ、事業主や企業団体が保険料を支払い将来の退職金や補償金その他の高額の支払いに充てるために積み立てておくとよいでしょう。

経営者た従業員の将来のリスクを補うために支払う保険料は必要な経費として認められています。ただし、積立保険料の部分は経費には算入できないが、掛け捨て部分は経費として認められるのです。

決算の予想で利益がある場合には、一時払い保険などを利用すると節税の効果があがりますよ。

保険事故による保険金の支払いについては収入として税金の対象になるが、役員や従業員の退職金や見舞金などの支払は経費になるの
で税金はあまり心配ないところです。

個人の場合の生命保険は所得税の計算上の生命保険料控除として5万円までの控除が受けられる。満期の保険金は一時所得として50万円の特別控除や2分の1だけの税金対象の特典もあるのです。

保険事故での遺族が受ける保険金は、相続財産として相続人一人あたり500万円の非課税があります。生命保険は利用法をよく検討して節税対策を計ると良いでしょう。

寄付をして節税効果

寄付って節税効果はあるのでしょうか?寄付行為には見返りや代償などを期待しない行為で、商取引における売上原価や必要経費の意味合いはなく無償の行為といえます。一般的に寄付金の支出は相互扶助の意味合いであるが故に税金計算上は節税効果を求めることできないものといえます。

節税効果は税金を安くまたは、先送りにして手元に利益を残しておくことと考えますと、寄付金は先に現金が支出されますので手元に利益は残らず寄付行為が節税には成りえないことになります。寄付金が経費や控除に認められるばあいも特定の場合のみなのです。

個人の場合は所得税法で寄付金控除の対象になる寄付金の判定をします。所得税では国や地方公共団体等や政治資金規制法に認められと寄付金限定された寄付金のみが控除の対象とされさらに一万円を超える金額のみが控除の対象となります。

法人税法では、三つの区分で限度額が定められています、まずは指定寄付金でこれは国や地方公共団体等の限定されたものに対してされた寄付金でこれに該当するものは全額寄付金として損金算入が認められるが、たの特定公益増進法人として認められた特定の法人への寄付でも限度額があり限度額を超えるものは損金算入は認められないし、さらにその他の寄付金でも限度額計算の対象となる寄付も定められたいます。

節税の面からは寄付金は効果はあまりないといえるでしょう。