税理士の仕事

納税者の一番有利な計算方法により計算された税金で申告計算をします

税理士は申告計算を代行する

節税を税理士に依頼し申告してもらう。税理士は税務の専門家として納税者の依頼を受けて納税者の一番有利な計算方法により計算された税金で申告計算を代行するのです。

ただし、申告内容について節税されているかどうかは、納税者自身が勉強し内容を理解してよく確認することが節税の依頼が実行されているかどうかは、わからないことがたくさんあります。

専門家だからでは、わからないのです。依頼した税理士は、依頼事項に精通している人かどかは依頼人である納税者は解らないので説明をよく聞き納得できる内容かどうかを考えましょう。

よく説明ができるということは、依頼事項に精通しその内容をよく理解していることになります。説明が不十分だと感じる人は、十分に理解があるとは言い難いので注意が必要です。

依頼事項は十分に納得するまで説明をうけること大切なのです。この節税のメリットがあればデメリットもあるはずですので両方をよく聞いてみてください。この節税のほかに方法はないのかなど将来の事も含めての相談が良いでしょう。

税理士の報酬は?

節税の件をを税理士に相談してその対価の報酬はいくらを支払えばよいのでしょうか。

相談だけなら弁護士の40分で5千円などのように相談時間で報酬も計算できると思いますが、相談内容や依頼事項の難解さや作業内容の複雑さなどは依頼された本人でなければ、依頼事項の税理士報酬の金額は解らないし、依頼をする側も説明を受けてもそれがどれほどの価値があるのでしょうか?まして金額の適正などは理解できません。

以前は税理士会で税理士報酬の限度額の料金表のようなものがありましたが、今はないので、事前に税理士と依頼内容と報酬についてよく話し合うことが大事なことなのです。お互いに納得したうえでの相談に心がけることが後日のトラブルを避けることになります。

目的の節税効果は十分であったが最後に報酬の金額でトラブルになることはよくあるようです。依頼事項は、細かく区分して、何をどこまでどうしたら金額はいくらになるのかよく聞くことと、自分でできる範囲の事は自分で行うことで報酬を減額することができるものです。